ジョバンニというお店(シーリングスタンプ)錬金術師がいそうです

ラベル: , ,
今日も風が強いですね。ぽかぽかおひさまが恋しいです。
さて、先日中道通りにあるジョバンニという小さなお店に行ってきました。
こちらはシーリングスタンプや羽根ペンなどを扱う輸入雑貨店だそうです。
前々から、お店の前を通り過ぎるたびにちょっと気になっていたので、今回お邪魔できてとても嬉しい!
場所は中道通りをずーーっと歩いた、まさに端っこあたりです。
(中道通りにある西公園のすぐ斜め前。)

お店構えは、こんな様子で…↓
ヨーロッパの街角に建っていそうな、素敵なお店。
(西日のせいで写真がうまく撮れずにざんねん!)



お店の中に、たくさんのラバースタンプ(普通のゴムはんこタイプのスタンプ)がズラリと並べられた棚が見えます。


ショーウィンドーはこんな様子。↑
ペンやインク、ろうそくみたいな形のシーリングワックスが並べられています。
アンティークな本やポストカードもいい雰囲気。

店内には、様々な形のシーリングスタンプがたくさん。
シーリングスタンプと聞いて私が思い浮かべるのは、イニシャルをかたどった装飾的なアルファベットか、紋章のようなものでした。
でもジョバンニさんには、猫にうさぎに…かわいらしい様々な動植物、それからLOVEやTHANKといったメッセージなど多種多様なデザインのものが置いてありました。(肉球もありましたよ。)
私が一番いいなあと思ったのは、かわいらしい模様の入ったハートマークのシーリングスタンプ。
丸い形だけじゃないんですね!
そしてシーリングワックスも、実にカラフル。
こんなに種類がたくさんあるものだったとは…。
最近はめっきり電子メールが主になって手書きのお手紙を出す機会が減ってしまいましたが、こんな素敵なシーリングスタンプがあれば、送るのも受け取るのも楽しいだろうな〜。

他には、きらきらと輝いて美しいガラスペンや羽根ペン、シックで素敵なデザインのちょっと変わったラバースタンプなど、魅力的な品物がたくさんありました。
イタリアからの輸入文具がいろいろ。
中でも気になったのが、レジのお向かいにある小さなガラスケース。
そこには小さな輪っかが幾重かに重なった、不思議なかたちのペンダントが。
なんでも携帯して使うタイプの日時計なんだそうです。
昔々のヨーロッパの旅人は、こんな日時計を胸に下げて歩いていたのかなあ?
アンティーク調の金属の輪に、数字や文字が刻み込まれていてとても素敵でした。

お店の中に入ると、ふわっと空気が変わるといいますか、まるで魔法使いか錬金術師がこっそり開いているお店のような…そんな不思議な雰囲気のある素敵なお店でした。
自分のために素敵な文房具を求めるもよし、大事な人にちょっと特別なものを贈りたいときに訪れるのも、いいかもしれません。



ぽちぽちっと応援、よろしくお願いします♪

  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ 



Giovanni(ジョヴァンニ)
東京都武蔵野市吉祥寺本町4-13-2

天音の季節限定 桜あんのたい菓子

ラベル: ,
今日は本当にあたたかくて、春ですね!
日向にずっといるとちょっぴり汗ばみそうなほど。

さて、今日は午前中に井の頭公園に行ってきました。
お日様ぽかぽか、いい天気で道行く人の装いも軽やかです。
でも、今日は風もとっても強いですね。
風向きと場所によっては、ものすごい砂埃が舞い上がって
目をシパシパになりました。
油断するとお口の中も、軽くジャリジャリ。
本日公園にお出かけの方は、花粉眼鏡とマスクがあると
余裕たっぷりでお散歩を楽しめるかも?と思います。(防備しすぎ?笑)

さて、今日はお散歩のおともに天音のたい菓子を…。
(以前に書きました天音の記事はこちらになります。)
少し前から、天音では定番の粒あんのほかに季節限定のたい菓子を
販売しています。
今販売中の季節限定たい菓子はこれ!
桜あんのたい菓子です。
ピンク色のあんこが春らしくて、目にも美味しい!
ひとくちかじると、桜のかおりがふんわりと広がって、お口にももちろん美味しい…。
定番の粒あんも黒糖が効いてたまらないおいしさですが、桜餡もくせになりそうな味でした。
もう一度食べたいなあ。
たしか以前お店の方に伺ったときには、季節限定のたい菓子は一ヶ月ごとに味が変わるとおっしゃっていた気がします。
桜あんがいつからいつまでかは未確認ですが、とてもおすすめですよ。
ただし季節限定のたい菓子は売り切れるのが早い傾向にあるようなので、早めに行くのがいいかもしれません。


ぽちぽちっと応援、よろしくお願いします♪

  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ 


たい菓子 天音 サイト
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9

大きな地図で見る


美味しい…ヴィレッジヴァンガードダイナー☆

ラベル: ,
ちょっと前からハマってしまっているお店。
それは、ヴィレッジヴァンガードダイナー(の吉祥寺店)。
よく目の前を通り過ぎながらも人が並んでいることが多くて、じゃあまたにしようか!とスルーしておりました。
が、たまたま来店のタイミングがよく、すぐに入店できた日があって(その直後から店内は混み混みに。ラッキー!)一度食べたらその美味しさの虜に☆
今では足繁く通ってしまう大好きなお店のひとつになりました。

その名の通り、遊べる本屋さんのヴィレッジヴァンガードがプロデュースする大人のためのハンバーガーショップ。
アメリカンなアンティークのディスプレイが並んで、お店の外観も素敵です。
お店は井の頭通り沿いにあります。
駅からですとアトレの中をずいっと通って吉祥寺通りにまで出て、信号をわたって吉祥寺通りを横断し、井の頭通りを道なりにまっすぐ歩くと到着すると思います。



外から見上げた窓の部分。↑
雰囲気のあるお店なので、近くに来たら迷わずみつけられそうですね。
休日のお昼時などは、お店の前に順番待ちのお客さんが並んでいることも多いのでわかりやすいかも!


さて、私が大好きなメニューはこちら…↑
クワトロフォルマッジオハニーバーガー!
(だったと思います…名前が長くてちょっとあやふや。)
チェダー・パルメザン・クリーム・ブルーチーズの四種類のチーズとくるみのハーモニー。
そして小さな器で添えられたハチミツを、好きな量だけトロ〜リとかけていただきます。
私はちょっと垂らすくらいが好きです。
もうね、くるみとチーズ!最高の組み合わせ!
そのこっくりした旨味が、ジューシーなビーフ100%パティと相まってもうたまらない。
もぐもぐパクついていると、ふんわかとブルーチーズの微かな香りとハチミツの風味が広がって絶妙です。
ああ…おなかが空いてきた。食べたいです…。
チーズが大好きなひとにはとってもおすすめ、大人のチーズバーガー。
ポテトはオプションで、プラス100円でついてきます。
私は子供の頃からハンバーガーならチーズバーガーがいちばん好きです。
こちらのお店でも、このクワトロかスタンダードなチーズバーガーが大好きです。
というか、それしか頼んだことがない…!
ほかのものを頼もうと思えないくらい、チーズバーガーがイイのです。(私には)
スタンダードなチーズバーガーも、たまらん美味しさですよ!
パティが美味しくて食べ応えがあって…チーズチーズ言っておりますが、お肉の美味しさが基本にあるからまた活きるんですね、きっと。
クワトロはまったりリッチな味わいなので、普段チーズバーガーを美味しくいただいて、たまにクワトロでムフ〜ンとなるのが楽しい…と個人的に思っています(笑)。


そしてこちらヴィレッジヴァンガードバーガー。
シンプルな外見で、お値段も黒糖てりやきエッグバーガーと並んで一番かわいい基本のバーガーですが…お肉たっぷりのミートソースとクリームチーズがとろりで、とっても美味しいそうです。
ひとくちいただいたはずなのですが、クワトロのことで頭とおなかがいっぱいで…おぼえていない…。(なんだかもったいない…。)

そんなヴィレヴァンダイナーですが、行くたびに思うのはカップルや若い方のほかに、小さいお子さん連れも多いということ。
ランチ利用しているせいもあるかと思いますが、とってもお得なキッズメニューがあるんですよ。
小さいハンバーガーもしくはチーズバーガー、ポテト、ドリンクがセットになって…なんと280円☆
ポテトなんて大人のもの顔負けにけっこうついてきて、ドリンクも100%のオレンジやパイナップルが選べて、そのお値段はお安い!
オーダーできるのは小学生以下までとのことなので大人は頼めませんが、小食の女性なんてちょっといただくのにこれで満足しちゃうのではないかな?というボリューム。
座席に固定できるタイプの子供用シートも、お願いすると借りられるのがお子さま連れの方には嬉しいポイントだろうと思います。

内装なアーリーアメリカンというのかな?(詳しくないのでちょっとあやふや)
ちょっとレトロでかわいい時計やランプに本やオブジェが飾られていておしゃれです。
カウンター席と小さめのテーブル席と大きめのベンチタイプのテーブル席があって、どれもいい感じ。
デートだったら大きめなベンチタイプに向かい合って座るのがいいだろうなあ。
そこは窓辺なのでゆったりできます。
店内にはいつもオールディーズが流れていて、適度に人の話し声やカトラリーのぶつかる音がしていて、リラックスして気取らず過ごせそうです。
そして、店員さんがみなさん明るくて親切な方が多いです。
そんな居心地の良さも、通いたくなるポイントのひとつかもしれません。
個性的でおもしろい店員さんもいたりして、話しかけてみるときっと楽しいですよ。

夜には行ったことがないのですが、外国のビールなんかもいろいろ揃っているようです。
パーティーメニューではたしか1800円くらいで世界のビール飲み放題と書かれていたのが、とても気になります!
何人以上でないとダメだとか、時間はどのくらいか?など詳細がわからないのですが、何種類も飲み比べられてそのお値段は、お得感がありますね。
いつか試したい…。ビールも飲みたくなってきました。
ちょっと並んでも食べたくなっちゃうハンバーガー、おすすめです。



ぽちぽちっと応援、よろしくお願いします♪

  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ 



ヴィレッジヴァンガードダイナー(吉祥寺店)お店のサイト
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-20-1

HATTIFNATTの雑貨屋さん

ラベル: ,
先月のさんぽ途中、とってもかわいい雑貨屋さんをのぞいてきました。
HATTIFNATTの雑貨屋さんです。
この見るからにかわいらしい素敵な外観をごらんあれ。


う〜ん、このペールグリーンというのか、淡い色の木壁に
赤白の組み合わせがなんともいえません。
小さなドアも、妖精さんか小人さんの家にお邪魔するような気分にさせてくれる気がしますね。

このHATTIFNATTの雑貨屋さんに行くには、吉祥寺駅からちょっぴりだけ歩きます。
ごく簡単に書きますと、吉祥寺北口から西荻窪方向へアトレ沿いにずず〜いと道なりにまっすぐ歩いていき、(カフェゼノンなどを通り過ぎて)スギ薬局が右手に見えたらその角を右折して、すぐ次の角を左折で到着すると思います。(なんという適当具合!)
のんびり歩いて駅から10分かかるか、かからないかではないでしょうか?
健脚の方ならもっと早いかな?

そうして角を曲がると、こんなかわいいお店がこんにちは。
HATTIFNATTの雑貨屋さんは、たくさんの手作り作家さんの作品を売っているお店です。
お店の中には小さな木箱のようなスペースがたくさんあって、それぞれが作家さんたちの「おみせ」と呼ばれているみたい。

この写真の右側↑のように、小さな木箱のお店が店内にぎっしり。
ポストカードはクルクル回るラックにまとめてありました。

こじんまりとした店内にたくさんの「おみせ」がありました。
手作りのアクセサリーに、ぬいぐるみに、バッグに、オブジェに…。
それぞれの木箱を作家さん本人がディスプレイするそうで、それぞれの箱ごとにさまざまな趣向がこらしてあって可愛らしく、見ているだけで楽しいのです。

小さな屋根裏チックなこんなスペースも。↑
他のお客さんのお邪魔にならずにいそいで写真を撮ろうとしたので、ちょっとわかりにくいものばかりで申し訳ない☆
それだけ、お客さんが出たり入ったり、人気でしたよ。
店内の木箱はキュートな作品でいっぱいですが、まだ少し作家さん募集中のスペースもありました。

このHATTIFNATTの雑貨屋さんのすぐ近所には同じ名前のカフェがありまして、そちらもとっても人気があるようです。
私は吉祥寺のHATTIFNATTのカフェには行ったことがないのですが、高円寺のほうには何度かお邪魔したことがあります。
それはもうかわいらしい内装で、甘いおやつもほっこりドリンクも美味しくて、ほくほくしたのを覚えています。
カフェの方も雑貨屋さんとよく似た外観ですよ。

そして、時期はちょっとよくわからないのですが、
その吉祥寺のHATTIFNATTカフェが近い将来、雑貨屋さんのおとなりに移転するのだそうです。
お店にそんな内容のチラシが置いてありました。
なんでも、そのカフェのお庭には小さなギャラリーも建つのだとか。
ますますメルヘンでかわいい世界が広がりそうですね。
そのギャラリーで展示を希望する作家さんを対象に、ギャラリーの名前も募集しているみたいです。(2014年5月20日締め切りだそうです。)
カフェが移転して新しくなったら、ぜひ行ってみたいなと思います。

(HATTIFNATTの雑貨屋さんのウェブサイトはこちら
 カフェはこちら


ぽちぽちっと応援、よろしくお願いします♪

  にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ 



HATTIFNATTの雑貨屋さん
東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目22−1